車の乗り降りを美しく、小銭を用意して高速道路料金や駐車場料金を支払うと好感を持たれます。

好感度が上がる助手席での気遣い

助手席に座る女性として押さえておきたいマナーやテクニックをご紹介します。
好感度が上がる女性の仕草や行為を知ることで男性の心をグッとつかみ取りましょう。

 

ドライブデート

 

楽しい会話を心がける

男性が運転しているときは少なからず若干の緊張があります。
「道を間違えないように」とか「渋滞に巻き込まれたらどうしよう。」などさまざまな不安を抱きながら運転しています。
「安全運転でホッとする。」「今日は道が混んでるので、のんびり行きましょう。」など声を掛けることがポイントです。
他にも「すっごい良い車ですね。」など愛車を褒めることも男性としては嬉しい気持ちになります。
緊張や不安を解きほぐしたり、運転技術を褒めるなどの気遣いをすることで「一緒にいて楽しい女性」という意識を植え付けることができます。

 

生足アピール

車に乗ると体全体のフォルムというものが、意外なほど強調されます。
特に一番アピールされるのが、ミニスカートを履いているときの生足
男性にとってこれほど目の保養になる光景はありません。
またシートベルトをしたときに胸が強調されやすい服なども非常に使えます。

 

小銭を用意

高速道路の料金所や駐車場の料金を支払うとき、細かいお金が必要になることがあります。
男性は運転しながらお財布の小銭を取る作業が煩雑だったりします。
そんなとき横からサッと料金を差し出す女性はポイントがグッとアップします。
男性は女性がお金を出す姿勢にとても好感を持つものです。

 

乗り降りを美しく

車に乗るとき、降りるときの仕草や挙動はけっこう重要だったりします。
ドアを開けるときは、一気に開けずに後続車が来ていないか、人が歩いていないかを確認することがとても重要です。
腰を下ろすときも「ドシーン」と埃を上げないように静かに行うことが必要です。
スカートを履いている場合、パンツが見えないように静かに気を配ることも大切です。

 

 

>>助手席でのNGマナーはこちら<<